大手消費者金融三社のキャッシング商品と無利息期間の比較

最近の大手消費者金融が取り扱っているキャッシング商品は、インターネットから24時間365日申し込みができます。

スマートフォン一台あれば場所や時間に関係なくキャッシング申し込みができますし、最短で即日キャッシングも可能なので、お金が必要になった際にはすみやかに借り入れができる非常に便利なサービスとなっています。

さらに初めての契約者を対象に、契約の際に一定の要件を満たしていることで、30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施しているので、すぐに返済できるあてのある短期の借り入れであれば、銀行のローンなどよりもお得にキャッシングを行うこともできるのです。

30日間の無利息キャッシングサービスの取扱がある大手消費者金融の代表的なものとしては、アイフル・アコム・プロミスがありますが、これら三社の代表的なキャッシングサービスにはどのような違いがあるのでしょうか。

また各社で30日間の無利息キャッシングサービスを受けるためにはどのような要件を満たせばよいのでしょうか。各社のサービスの違いについて比較をしていきます。

まず商品の基本情報のついてみていきましょう。

各社の代表的なキャッシング商品の実質年率と融資限度額は以下のようになっています。

  • アイフルのキャッシングローン・・・実質年率は4.5%から18.0%で融資限度額は最高500万円
  • アコムのカードローン・・・実質年率は3.0%から18.0%で融資限度額は最高800万円
  • プロミス・・・実質年率は4.5%から17.8%で融資限度額は最高500万円

基本事項について見てみると、最低金利と融資限度額についてはアコムに優位性があり、最高金利についてはプロミスに融資性があることがわかります。

次に各社で30日間の無利息キャッシングサービスを受けるための条件ですが、各社のサービス利用が初めてということに加えて、次にような要件が設定されています。

  • アイフル・・・無利息キャッシングローンの契約者を対象に、契約日の翌日から30日間が無利息期間となる。
  • アコム・・・カードローンの契約者が対象であり、返済日を35日ごととして契約した人が対象。契約日の翌日から30日間が無利息期間となる。
  • プロミス・・・Eメールアドレスを登録して、Web明細サービスを利用する人が要件。初回出勤日の翌日から30間が無利息期間となる。

こうしてみてみますと、各社によって条件は大きく異なりますし、無利息キャッシングサービスの適用開始日も異なることがわかります。

各社の違いと特徴をよく理解して、上手にキャッシングサービスを活用したいですね。